フットボールサミット 第1回

ザックに未来を託すな。

ご注文

1,430円(税込)

著者 『フットボールサミット』議会 編著
ジャンル スポーツ
スポーツ  > サッカー
シリーズ フットボールサミット
出版年月日 2010/11/11
書店発売日 2010/11/12
ISBN 9784862550804
判型・ページ数 A5・192ページ
定価 1,430円(税込)

『今すぐ購入する』をクリックで購入者様情報などの入力画面へ進みます。
送料は一律300円。3000円以上の購入で送料無料。
国内のみ、ヤマト運輸のネコポス(※ネコポスでの発送不可の場合は発払い)での発送となります。
商品はご注文又はご入金確認後、3営業日以内を目安に発送となります。

内容紹介
目次

第一線のジャーナリスト達が一堂に会する
サッカー界の論客首脳会議

いま議論すべきサッカー界の重要テーマを多士済々の論客が論じる。
それが『フットボールサミット』のコンセプトです。第一線で活躍する
ジャーナリストたちが日本サッカーの未来のために、各々のテーマを本
質的に考察していく今までにないサッカーメディアを目指しています。
開催第一回目は日本がサッカーの国になるために必要なこと、考えなけ
ればいけないことに焦点を当て、深く掘り下げています。サッカーを愛
するすべての人たちとともに発展し、世界に羽ばたくフットボールサミッ
トでありたいと考えています。


フットボールサミット開催宣言

いま議論すべきサッカー界の重要テーマを多士済々の論客が論じる。
それがフットボールサミットのコンセプトです。

記念すべき第1回目の議題は「日本はサッカーの国になったか?」。
ワールドカップ南アフリカ大会でベスト16という成績を残した日本です
が、はたして真の実力は世界の中でどれほどでしょうか。少しでも慢心
があれば再びベスト16の扉を開けることはできないでしょう。
ベスト16という結果を出したいまこそ日本サッカーを冷静に見つめ直
すことで、日本の現在地と可能性を把握し、さらに上を目指すために何
が必要なのか、考察していきます。
10月に新監督で船出をきった日本代表ですが、代表の未来すべてをザッ
ケローニに託してはいけません。代表監督ができることには限りがあり、
ザッケローニに過度な期待を抱き、彼に日本サッカー界がおんぶにだっ
こになるのは避けなければなりません。日本サッカーの強さ、それは日
本代表のみらずJリーグや草の根の文化、育成、ファンやメディアなど
を含めた「力」の総和でしかありません。そうした総力をいま以上に上
げていかなければベスト16を超えることはできないでしょう。そのため
にやるべきこと、改革すべきことはまだまだあるはずです。
いま我々にできることは何か、日本の可能性を信じる人々に議論が広
まることを願っています。

『フットボールサミット』議長 森哲也

<特集タイトル>
第1回議題 日本はサッカーの国になったか?

◎西部謙司
「日本人らしいサッカー」とは何か?
オシム、岡田武史が目指した「日本人らしさ」の追求とその先に見えたもの

◎西部謙司
解題「ザック・スタイル」
アルゼンチン戦、韓国戦で見えた日本代表の未来

◎木崎伸也
日本サッカーの「常識」を疑え
次のステージに進むために日本サッカーが解くべき8つの「誤解」

◎木村元彦
日本型サッカークラブ経営の理想と現実
アルビレックス新潟、湘南ベルマーレの軌跡からJリーグのいまを読む

◎小澤一郎
「非効率的」な日本の育成環境
未来のためにいま改革すべき構造的課題

◎宇都宮徹壱
日本のサッカー文化はどこまで浸透したのか
Jリーグが迎えた大きなターニングポイント

◎岡田康宏
論考・日本の応援文化
日本サポーターの「日本化」が示す可能性

◎ミカミカンタ
日本サッカーの指標
Jリーグはいかにして作られたか

◎対談 後藤健生×山本浩
歴史から見る日本人とサッカー
日本はサッカーの国になれたか?
フットボールチャンネル
ベースボールチャンネル
ジュニアサッカーを応援しよう!
カラダチャンネル
note
カンゼンWEBショップ
サッカー本大賞2022