ホーム > フットボール批評issue21

フットボール批評issue21  新刊

フットボール批評issue21

日本代表はいかに勝ち、いかに負けたのか。 ロシアでの戦いで見えたもの、見えなかったもの。

ジャンル スポーツ > サッカー
シリーズ フットボール批評
出版年月日 2018/08/06
雑誌コード 0788709
判型・ページ数 B5・160ページ
定価 本体1,500円+税
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

美談で終わらせないためのW杯総括。

日本代表はいかに勝ち、いかに負けたのか。
ロシアでの戦いで見えたもの、見えなかったもの。
日本サッカーの未来のために、徹底検証する。


【内容】

<総力特集>
美談で終わらせないためのW杯総括

■日本代表ベスト16総括 未来は見えたのか?
西野ジャパンの軌跡 示した成果と向き合うべき現実
植田路生

ナショナルチームの使命と日本代表が出した答え
西部謙司

腹心の証言から紐解く西野朗采配
指揮官が持っていた強運と勝負師としての姿勢
加部究

対戦国が見た日本
セネガル、ベルギーの選手・監督の証言から読み解く日本の実力
パ・ラミン・ンドゥール クリストフ・フランケン 小川由紀子

川島永嗣 ロングインタビュー
W杯回顧録 ロシアで見えた未来
田邊雅之

[日本代表W杯攻撃分析]
4試合を通じて見えた機能性と課題
坪井健太郎 小澤一郎

■ロシアW杯、徹底総括
[松田浩の守備戦術アナライズ]
W杯ロシア大会 守備のトレンドを追う
松田浩 鈴木康浩

ロシアワールドカップ「極私的」ベスト4
西部謙司

クロアチア
美しき犠牲者と卑しき権力者
長束恭行

ロシアの残像
“世界”の空気を吸いJで羽ばたくU-19日本代表の断章
藤江直人

[エイバル・コーチ陣クロストーク]
メンディリバルらエイバル首脳陣が語る乾貴士の成長
エンリケ・オルテゴ 江間慎一郎

最後のクラシカルW杯に寄せて
変わるフットボールの祭典の備忘録
宇都宮徹壱

■指揮者が見たW杯と日本
ワールドカップが教えてくれたこと
【INTERVIEW】曺貴裁(湘南ベルマーレ監督)
西部謙司

【INTERVIEW】高木琢也(V・ファーレン長崎監督)
監督力 現場を預かる者としての矜持
海江田哲朗

布啓一郎(ザスパクサツ群馬監督)
育成のスペシャリストからの提言
伊藤寿学

山田耕介(前橋育英高校サッカー部監督)
高校サッカー優勝監督が見たロシアW杯
伊藤寿学


【INTERVIEW】川原元樹(FC岐阜GKコーチ)
ドイツ式GK進化論 第6回 セットプレー
清水英斗

【INTERVIEW】
テア・シュテーゲン(FCバルセロナ)
「足を使えなかったら、バルサにはいなかっただろう」
ルジェー・シュリアク アイトール・ラグナス 江間慎一郎

スポンサーとしての朝日新聞から見るスポーツとメディアのあるべき関係
木村元彦

…など、160ページの大ボリュームでお届け!

【連載】
■スポーツ文化異論 武田砂鉄
■ジャッジの真実 清水英斗
■スペインフットボールジャーナル 木村浩嗣
■KFG蹴球“誌上”革命論 錦糸町フットボール義勇軍
■成功するサッカービジネスに学ぶ ベン・リトルトン、実川元子
■強化部長が語るが語るチーム強化論 西村卓朗(水戸)、佐藤拓也
■本なんか読むんじゃなかった 佐山一郎
■ボールは跳ねるよ、どこまでも。 幅允孝
■洋書案内 実川元子
■話題の新刊

このページのトップへ