ホーム > フットボール批評issue20

フットボール批評issue20  新刊

フットボール批評issue20

またも繰り返された迷走、未来のために徹底検証する 日本サッカーは二度死ぬ

ジャンル スポーツ
スポーツ > サッカー
シリーズ フットボール批評
出版年月日 2018/05/07
判型・ページ数 A5・160ページ
定価 本体1,500円+税
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

<緊急特集>
衝撃の解任劇‐失われた未来‐
日本サッカーの未来を問う
・ベスト16への呪縛
・墓穴を掘ったハリルホジッチと日本サッカー協会の過ち
・闇に葬られた指揮官の計略

<特集1>
外国人が見た日本サッカーの可能性
・ジョー(名古屋グランパス)
 元セレソンが語る日本サッカー
「当たり前のプレーだけではなくて、違いを見せ続けていくこと」
・ジェイ(北海道コンサドーレ札幌)
 世界基準FWが抱く日本サッカーへの本音
「意識やメンタリティの違いが結果に少なからず影響を与えている」
・ロティーナ(東京ヴェルディ監督)
 スペイン人指揮官の眼 知将が語る日本サッカー
「選手が自分で各状況における最適解を選べるよう指導しています」

<特集2>
日本代表メンバー発表
W杯にまつわるドラマを振り返る
・(FC東京)
 TURNING POINT-ターニングポイント
「90分間でやり尽くせるように高めてきた」
・岩政大樹(東京ユナイテッドFC)
 言語化の思考回路とW杯の追憶
・市川大祐(清水エスパルス普及部)
 W杯メンバー発表回想録
「あの経験があったからこそ、4年後につながったんだと思っています」

◆フットボール×ビジネス◆
・現代フットボールへの果てなき憎悪
 置き去りにされたフットボールファンたちの嘆息
・【Panenka】フアン・マタINTERVIEW
 フットボールの「本質」はどこへ向かうのか?
・【連載】スペインフットボールジャーナル
 フットボールとテレビの未来
・激変するサッカー界とスポーツビジネス
 金満オーナーたちの暗躍、宗教的原理主義の台頭、民族の自主独立問題…

・技術、体、とともに心も鍛えよ
『スラムダンク勝利学』の著者・スポーツドクター辻秀一氏が語る勝つメンタル
 都倉賢、齋藤学、V・ファーレン長崎をサポートするメンタルで優位に立つための方法論
・ドイツ式GK進化論 第5回「ディストリビューション」
・【W杯対戦国レポート】ポーランド
 不屈の町 ウッヂ 親子二代に渡るポーランドサッカーの記憶
・ラスベガスシティFCの野望

など、160ページの大ボリュームでお届け!
サイン入り色紙など、豪華プレゼント企画あり!

【連載】
■スポーツ文化異論 武田砂鉄
■小嶋真子(AKB48)の『F.Chan TV』MC奮闘記
■ジャッジの真実 清水英斗
■KFG蹴球“誌上”革命論 錦糸町フットボール義勇軍
■フットボール星人 小田嶋隆
■話題の新刊 構成者に訊く
■成功するサッカービジネスに学ぶ ベン・リトルトン、実川元子
■GMが語るチーム強化論 佐藤拓也
■サッカーをつむぐ人 中村慎太郎
■本なんか読むんじゃなかった 佐山一郎
■ボールは跳ねるよ、どこまでも。 幅允孝
■洋書案内 実川元子

このページのトップへ