サッカー戦術サミット

一流フットボーラーがリアルに語る「個」の戦術論

日本を代表する選手たちのサッカーIQを探求する。

ご注文

1,650円(税込)

著者 西部 謙司
ジャンル スポーツ  > サッカー
出版年月日 2013/07/13
書店発売日 2013/07/09
ISBN 9784862551924
判型・ページ数 4-6・224ページ
定価 1,650円(税込)

『今すぐ購入する』をクリックで購入者様情報などの入力画面へ進みます。
送料は一律300円。3000円以上の購入で送料無料。
国内のみ、ヤマト運輸のネコポス(※ネコポスでの発送不可の場合は発払い)での発送となります。
商品はご注文又はご入金確認後、3営業日以内を目安に発送となります。

内容紹介
目次

Jリーグやなでしこリーグ、日本代表として活躍するサッカー選手はピッチ上で何を思考し、その視界に何を捉え、どのような個人戦術を駆使しようとしているのか。

ピッチ全体を見渡せるスタンドでは、ほぼすべてが見てとれるといっていい。
ただし、平面のフィールドのなかに入っているプレーヤーは違う。グラウンドに足を踏み入れれば、景色は一変する。

彼らはどのような哲学やサッカー観をもとにサッカーしているのか。一流フットボーラーたちの話をもとに、それぞれの個人の戦術論について著者・西部謙司が探究する。

第1章:佐藤寿人&西川周作(サンフレッチェ広島)進化し続ける広島スタイルの秘密流
第2章:遠藤保仁(ガンバ大阪)天才のプレービジョン
第3章:宮間あや(岡山湯郷Belle)なでしこプレーメーカーの知性と感性
第4章:高橋秀人(FC東京)サッカーを探究するプロフェッサー
第5章:中村憲剛(川崎フロンターレ)見えている世界が変わる瞬間
第6章:柏木陽介(浦和レッズ)感覚派レフティの視界
第7章:レアンドロ・ドミンゲス(柏レイソル)Jリーグの作法
第8章:遠藤康(鹿島アントラーズ)アタッカーの狙い
第9章:栗原勇蔵(横浜F・マリノス)センターバックの練度
第10章:山口智(ジェフ千葉)センターバックのゲームメイク術
第11章:駒野友一(ジュビロ磐田)サイドバックの思考回路
第12章:米本拓司(FC東京)狩人のボールハント
特別寄稿:本田圭佑と香川真司 日本代表の核となる二つの個性
フットボールチャンネル
ベースボールチャンネル
ジュニアサッカーを応援しよう!
カラダチャンネル
note
カンゼンWEBショップ
サッカー本大賞2022