サッカー右翼 サッカー左翼

監督の哲学で読み解く右派と左派のサッカー思想史

勝つために手段を選ばない者たちと、美しく勝つことにこだわる者たちの戦いでサッカーは進化してきた

ご注文

1,760円(税込)

著者 西部 謙司
ジャンル スポーツ  > サッカー
出版年月日 2015/12/25
書店発売日 2015/12/18
ISBN 9784862553232
判型・ページ数 4-6・224ページ
定価 1,760円(税込)

『今すぐ購入する』をクリックで購入者様情報などの入力画面へ進みます。
送料は一律300円。3000円以上の購入で送料無料。
国内のみ、ヤマト運輸のネコポス(※ネコポスでの発送不可の場合は発払い)での発送となります。
商品はご注文又はご入金確認後、3営業日以内を目安に発送となります。

内容紹介
目次

「左翼のフットボールと右翼のフットボールがある」

 

 これは1978年のワールドカップでアルゼンチンを初優勝に導いた監督、セサル・ルイス・メノッティの言葉です。

 本書では、このメノッティの言葉に着想を得て、サッカー監督たちを右派と左派に分類しながら、その哲学を読み解いていきます。勝つために手段を選ばない者たちと、美しく勝つことにこだわる者たちの戦いで進化してきたサッカーの魅力とは何かを問うていきます。

 

果たして勝利至上は悪で、理想主義は善なのか?

 

そして、あなたの好きなサッカー監督は右か左か? 否、あなた自身がサッカーにおいて右寄りか左寄りか?

本書を読み終えた頃、あなたははっきりと自身がどっちの志向を持つ人間なのか、認識できるはずです。

 

右翼のサッカーの特徴

・勝利至上 ・手段を選ばない ・基本、破壊者 ・守備から入る ・軍隊的な規律 ・フィジカル重視 ・「つまらない」と評される ・アクション映画的

 

左翼のサッカーの特徴

・理想主義 ・勝ち方にこだわる ・基本、創造者 ・攻撃的 ・勝負弱い ・テクニック重視 ・熱狂的な信者多数 ・恋愛映画的

Chapter1 右翼のサッカーと左翼のサッカー
左派の賢人メノッティの言葉/スコットランドで生まれた左翼のサッカー/
カテナチオと勝利至上主義/カウンターだけのサッカーは存在しない/大衆の抵抗手段としてのカウンターアタック

Chapter2 右派と左派の肖像I
気鋭の右派 ディエゴ・シメオネのアトレティコ・マドリー/極左の巨星・グアルディオラ/中道モウリーニョの非凡なる平凡さ
Chapter3 右派と左派の肖像II
左も極めれば右/クロップのアナーキーな魅力/
ヴェンゲルのユートピア/〝中道″左派 ビエルサとその一派

Chapter4 ナショナルチームの右翼と左翼
ブラジル フッチボウル・アルテという遺産/イタリア 1-0のDNA/
ドイツ 交互に表れる2つの顔/アルゼンチン メノッティ派vsビラルド派/フランス 将軍と移民とイタリアと
Chapter5 欧州サッカーにみる右翼と左翼の興亡小史
スコットランドが伝えた左翼のサッカー/ハンガリアン・ラプソティ/
カテナチオの台頭/リスボン・ライオンズとトータルフットボール/現代サッカーの分岐点 クライフとサッキ
フットボールチャンネル
ベースボールチャンネル
ジュニアサッカーを応援しよう!
カラダチャンネル
note
カンゼンWEBショップ
サッカー本大賞2022