プロクラブを支える食ストーリー 名古屋グランパス 勝利の食堂

Jリーグ初の専属栄養士が語る、プロサッカー選手の食エピソード

ご注文
著者 間宮 裕子
ジャンル スポーツ
スポーツ  > サッカー
実用  > 料理
出版年月日 2012/08/28
書店発売日 2012/08/20
ISBN 9784862551511
判型・ページ数 4-6・208ページ

『今すぐ購入する』をクリックで購入者様情報などの入力画面へ進みます。
送料は一律300円。3000円以上の購入で送料無料。
国内のみ、ヤマト運輸のネコポス(※ネコポスでの発送不可の場合は発払い)での発送となります。
商品はご注文又はご入金確認後、3営業日以内を目安に発送となります。

内容紹介
目次

ストイコビッチ監督のもと、2010年にJリーグ王者に輝き、三年連続でACL出場を果たしている名古屋グランパス。
成果の裏側にはいったい何があったのか。
選手補強や監督、戦術などのチーム開拓と同時に、選手たちの体づくりを重視してきたグランパスならではの「徹底的な食事管理」があったことはあまり知られていません。
名古屋グランパスでは選手たちの体づくりやメンタル面にも重点を置いた食事や管理を展開しています。

そんな名古屋グランパスを、Jリーグ発足3年後の1997年から栄養アドバイザーとして「食」の面から支え、

見つめてきた、Jリーグで初めての専属栄養士となった著者が、「常勝チーム」と成長してきた名古屋グランパスの「勝ち食」エピソードを初めて語ります。

【1】プロサッカー選手を支える和食の力
・ACL、選手を助けた冷凍納豆
・選手の食事から熱中症対策
・「ご飯とパンと、どっちが太るの?」

【2】Jリーグ初期からの食事マニュアル
・ベンゲルさんの置き土産
・試合前日に食べてはいけないもの
・夏に勝てなかった理由
・玉田圭司選手の貧血克服
・金崎夢生選手の朝食改革

【3】食の効果は1日にして成らず
・玉田圭司選手にすすめたもの
・腰痛には体を冷やさない
・ブーム先取り! 温野菜の力
・吉田麻也選手の誓い

【4】「好き嫌い」は選手生命を左右する
・「残さず食べる!」楢崎正剛選手
・食事は選手生命に大きくかかわる
・吉田麻也選手の魅力

【5】Jリーグ初の専属栄養士
・スタッフ全員でアーセナルを手本に
・グランパス食堂のお昼ごはん
・スポーツ栄養士という仕事

●特別公開 選手を支えた手作り栄養資料
●選手が選ぶグランパス食堂コレいちメニュー
フットボールチャンネル
ベースボールチャンネル
ジュニアサッカーを応援しよう!
カラダチャンネル
note
カンゼンWEBショップ
サッカー本大賞2022