横浜フリューゲルスはなぜ消滅しなければならなかったのか

新刊
ご注文

2,970円(税込)

Amazon
楽天ブックス
e-hon 全国書店ネットワーク
紀伊國屋書店ウェブストア
ヨドバシ.com
セブンネットショッピング
TSUTAYA オンラインショッピング
HMV&BOOKS online
honto
Honya Club.com
著者 田崎 健太
ジャンル スポーツ
スポーツ  > サッカー
文芸  > ノンフィクション
出版年月日 2024/04/09
ISBN 9784862556820
判型・ページ数 四六・400ページ
定価 2,970円(税込)

『今すぐ購入する』をクリックで購入者様情報などの入力画面へ進みます。
送料は一律300円。3000円以上の購入で送料無料。
国内のみ、ヤマト運輸のネコポス(※ネコポスでの発送不可の場合は発払い)での発送となります。
商品はご注文又はご入金確認後、3営業日以内を目安に発送となります。

内容紹介
目次

「いつまで選手たちに黙っている気ですか?」
「このままでは危ない。チームが潰れるぞ」


関係者が初証言、Jリーグ31年目にして明かされる”真実”


日本サッカー界の「汚点」――
クラブ消滅の伏線だった「全日空SCボイコット事件」の真相。
日本で最初に本物のクラブチームとなる可能性があった「フリューゲルス」を潰したのは誰だったのか。

サンプルページ

プロローグ

第1章 最初の「汚点」――全日空SCボイコット事件
1964-1986


第2章 日本リーグの・アウトサイダー・から「オリジナル10」へ
1987-1992


第3章 ブラジル人トリオ獲得の「裏側」
1993-1994


第4章 「家族的」なクラブの限界
1995-1997


第5章 緩みの象徴「タクシーチケット」
1997-1998


第6章 「ボイコットだけは阻止しなければならない」
1998


第7章 怒りと悲しみを心の底に埋めた男たち
1999


 

プロローグ

第1章
最初の「汚点」――全日空SCボイコット事件
1964-1986

第2章
日本リーグの・アウトサイダー・から「オリジナル10」へ
1987-1992

第3章
ブラジル人トリオ獲得の「裏側」
1993-1994

第4章
「家族的」なクラブの限界
1995-1997

第5章
緩みの象徴「タクシーチケット」
1997-1998

第6章
「ボイコットだけは阻止しなければならない」
1998

第7章
怒りと悲しみを心の底に埋めた男たち
1999

あとがき
フットボールチャンネル
ベースボールチャンネル
映画チャンネル
カラダチャンネル
ジュニアサッカーを応援しよう!
サッカー本大賞2024
note
カンゼンWEBショップ