橋上 秀樹

名前 橋上 秀樹
カナ ハシガミ ヒデキ
プロフィール
1965年、千葉県船橋市出身。安田学園から1983年ドラフト3位でヤクルトに捕手として入団。
野村克也氏がヤクルトに就任して以降は、外野手として一軍に定着。
92年、93年、95年のヤクルトのセ・リーグ優勝に貢献した。
その後、97年に日本ハム、2000年に阪神と渡り歩きこの年限りで引退。
2005年に新設された東北楽天の二軍守備走塁コーチに就任し、シーズン途中からは一軍外野守備コーチに昇格。
07年から3年間、野村克也監督の下でヘッドコーチを務めた。
2011年にはBCリーグの新潟の監督に就任。チーム初となるチャンピオンシリーズに導いたものの、この年限りで退団。
12年から巨人の一軍戦略コーチに就任。巨人の3連覇に貢献した。
また、13年3月に開催された第3回WBCでは戦略コーチを務めた。
巨人退団後は15年から楽天の一軍ヘッドコーチ、16年からは西武の一軍野手総合コーチ、一軍作戦コーチを務め、
18年の西武のパ・リーグ優勝に大きく貢献した。19年は現役を過ごしたヤクルトの二軍野手総合コーチを務めた。
10年に出版した著書『野村の「監督ミーティング」』(日本文芸社)は、12万部を超えるヒット作となった。
フットボールチャンネル
ベースボールチャンネル
ジュニアサッカーを応援しよう!
カラダチャンネル
note
カンゼンWEBショップ
サッカー本大賞2022