いましろたかし×大橋裕之 トークショー中止のご案内

2021/03/23  イベント情報

【イベント中止のご案内】
4月11日青山ブックセンター本店様にて開催予定でした、いましろたかしさん×大橋裕之さんによるトークイベントですが、中止とさせて頂きます。

お手数おかけして申し訳ございませんが、お申込み頂きました皆様はHPのご確認お願い致します。


http://www.aoyamabc.jp/event/imasirooohasi/


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


『未来人サイジョー』(KADOKAWA)、『ゾッキC 大橋裕之作品集』(カンゼン)刊行記念 いましろたかし × 大橋裕之 トークショー


    


■日時:2021年4月11日(日)/ 13:00~14:30(開場12:30~)
■会場:青山ブックセンター本店内・教室




【著者プロフィール】

いましろたかし
1960年、高知県生まれ。1986年、マンガ家デビュー。独特の作風で多くのファンを引き付ける。主な作品は、『タコポン』(原作 狩撫麻礼)『釣れんボーイ』『原発幻魔大戦』『永遠のケツ』など。2018年に『ハード・コア 平成地獄ブラザーズ』(原作 狩撫麻礼)が、山田孝之主演・プロデュースにて実写映画化。2021年4月、最新作『未来人サイジョー』(月刊コミックビームにて連載)が全3巻同時刊行。





大橋裕之(オオハシ ヒロユキ)
漫画家。1980年生まれ。愛知県蒲郡市出身。2005年『謎漫画作品集』などの自費出版漫画で本格的な活動を開始。既刊に『ニューオリンピック』『音楽 完全版』『シティライツ 完全版(上・下)』『遠浅の部屋』『ザ・サッカー』『ゾッキ 大橋裕之 幻の初期作品集(A・B)』(以上、カンゼン)、『太郎は水になりたかった』(リイド社)、『大橋裕之の1P』(スペースシャワーネットワーク)などがある。



【書籍情報】 

『未来人サイジョー 1巻 流転立志編』
いましろたかし著
発売日:2021/04/12
ISBN: 9784047366046
判型・ページ数  B6判・210ページ
定価:814円(税込)

<内容>
鬼才・いましろたかしのSFタイムスリップサスペンス最新作!! 全3巻、同時発売!
突如、激動騒然の2020年から、50年前の大阪にタイムスリップしてしまった元漫画家アシスタント西条浩志(50歳)。
ツテ無し無一文の彼の前に現れたのは、肉屋でバイトをしながらプロ漫画家を夢見ている稀代のお人好し北川ススム(20歳)!
二人を待つ未来とは!? 決死のサバイバルが今始まる!!

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『ゾッキC 大橋裕之作品集』
大橋裕之著
発売日:2021/03/05
ISBN:9784862555885
判型・ページ数  A5・256ページ
定価:本体1,400円+税


<内容>
2021年春の劇場公開が決定した映画『ゾッキ』の原作となった『ゾッキA』『ゾッキB』の二冊に続く、孤高の天才漫画家・大橋裕之の作品集。
メジャー商業誌デビュー作『世界最古の電子楽器 静子』(2007)から、アンダーカバーから、初めてのZINEとなる『SN』に掲載された最新作『シーン1』(2020)まで、大橋裕之の作家活動の歴史から幅広く中編、短編作品を選定して収録。さらに本書のために描きおろされた作品も掲載。「摩訶不思議なのにリアル」「最少の線なのに圧倒的表現力」と評される大橋裕之作品の世界観の魅力を余すところなく伝え、その才気がほとばしる一冊となります。巻末には、編集者として大橋裕之といくつもの作品で伴走した九龍ジョー氏が解説文を寄稿します。

【帯推薦文】
世界が嫌いになりそうな時に、この本を読み返します
テレビ東京制作局プロデューサー・佐久間宣行

<目次>
シーン1/スーパーロンリー相田くん/世界最古の電子楽器 静子/平田さん/あの部屋/下駄/イモ虫女/ウォーキングドランカー酒田歩/眠り/コンパクトディスクファンクラブ/再会/カメラ/マスダさん/[描き下ろし]傘/あとがき/初出一覧
解説 九龍ジョー

シェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加
フットボールチャンネル
ベースボールチャンネル
ジュニアサッカーを応援しよう!
カラダチャンネル
note
カンゼンWEBショップ
サッカー本大賞2022