『江戸文化から見る 男娼と男色の歴史』誤植のご報告とお詫び

2019/09/06  正誤表

『江戸文化から見る 男娼と男色の歴史』について

 

『江戸文化から見る 男娼と男色の歴史』において、次の誤りがございました。謹んでお詫び申し上げ、ここに訂正いたします。(2019年9月6日)

 

 

16頁

(キャプション1行目)

【誤】羽織

 ↓

【正】着物

 

51頁

(上段の図解解説)

真ん中「野郎」の挿絵が誤りがございます。

※修正したPDFデータが下記よりダウンロードできます。

江戸の男娼p051 修正PDF

 

97頁(キャプション2~4行目)

「上の絵は三人とも陰間で、みな勝山髷に結っている。勝山という遊女が結い始めた女髷の一緒である。」箇所を削除

 

103頁

(キャプション後ろから2行目~1行目)

(『扇子売り』鈴木春信、江戸東京博物館蔵)を削除

 

116頁

勝山髷(キャプション2行目~4行目)

【誤】浮世絵などではこの髪形にした若衆が多く描かれている。

 ↓

【正】勝山髷を結った男娼が浮世絵に残されている。

 

島田髷

挿絵に誤りがございます。

 

(キャプション2行目~6行目)

【誤】男性にも人気があったようで、江戸時代を通じて春本などに描かれる陰間のなかには、島田髷の少年が多く描かれている。

 ↓

【正】春本などに描かれる男娼のなかには、島田髷の少年が描かれることもある。

 

兵庫髷

挿絵、説明文を削除

※修正したPDFページデータが下記よりダウンロードできます。

江戸の男娼p116 修正PDF

 

117頁

(キャプション1行目)

【誤】勝山髷に結った陰間。

 ↓

【正】女性の髪形にした陰間。

 

(キャプション2~3行目)

「勝山髷は、勝山という遊女が結い始めた女髷の一種である。」箇所を削除

 

P127

(キャプション1行目~2行目)

【誤】客とキスをする陰間。客の首に腕を回し、陰間のほうからキスを誘っているように見える。

 ↓

【正】本図は念者と若衆の図だが、陰間も客とキスをすることはあり、陰間から積極的に行うこともあっただろう。

 

P147

(キャプション2行目)

『男色山路露』を削除

シェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加
フットボールチャンネル
ベースボールチャンネル
ジュニアサッカーを応援しよう!
カラダチャンネル
note
カンゼンWEBショップ
サッカー本大賞2022