サッカーで子どもの力をひきだす オトナのおきて10(DVD付)

言葉のかけ方ひとつで“考える力”“自立心”が芽生える! サッカー指導に、子育てに役立つ池上式メニュー45分DVD付き

ご注文

1,650円(税込)

著者 池上 正
島沢優子
ジャンル スポーツ  > サッカー
出版年月日 2011/09/29
ISBN 9784862551061
定価 1,650円(税込)

『今すぐ購入する』をクリックで購入者様情報などの入力画面へ進みます。
送料は一律300円。3000円以上の購入で送料無料。
国内のみ、ヤマト運輸のネコポス(※ネコポスでの発送不可の場合は発払い)での発送となります。
商品はご注文又はご入金確認後、3営業日以内を目安に発送となります。

内容紹介

全国の保護者、指導者から絶大な支持を受ける
『サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法』の著者が
指導現場で、その実践例を大公開!

言葉のかけ方ひとつで“考える力”“自立心”が芽生える!
サッカー指導に、子育てに役立つ池上式メニュー45分DVD付き

指導者・保護者の皆さんは普段、子どもたちにこんな言葉をかけていませんか?
「どうしてできないの?」(感情的に叱る、子どもが萎縮するような否定)
「こうしなさい」(答えを一方的に指示する)
「どうせ〇〇だったんでしょ?」(思い込みや、価値観を押しつけてしまう)
「勝手にしなさい」(一方的な突き放し)
こういった言葉は子どもの意欲をそぎ、自発的な成長を妨げる要因となります。

本書では、普段からよく使う練習メニューと象徴的な言葉(フレーズ)を取りあげながら、
どのように子どもと接すればいいのか、言葉をかければいいのか……
“オトナが守るべき10のおきて”を伝授します。

★おきて1 失敗する勇気をひきだす
「チャレンジできたね」 ミスを叱ると平均点の子どもしか育てられない。小さな前進を見逃さない

★おきて2 模倣(もほう)させる
「(仲間を)見て!教えてもらって」 大人が教科書ではない。真似することで気づきを促そう

★おきて3 ほめてから考えさせる
「惜しい!でも、逆は見てた?」 否定は子どもを委縮させる。肯定から始めよう

★おきて4 成功のイメージを描かせる
「どうしたらうまく動ける?」 結果を急がない。手順を踏むことで意欲と自信をひきだす

★おきて5 寄り添う大人になる
「なぜうまくいかないのか一緒に考えよう」 突き放すのは簡単。解決するプロセスをともに歩もう

★おきて6 やわらか言葉に変える
「さあ、やってみよう!」 感情的な大人のもとでは子どもは成長しない。フラットな関係づくりを

★おきて7 心の中を探る
「パスしなかったのはどうして?」 見てなかったんでしょ?と思い込んでいませんか。価値観を押し付けない

★おきて8 集中させる空気づくり
「うまくなりたい人だけ残ろう」 叱責は必要なし。夢中にさせるコツは練習の質と説得力のある言葉

★おきて9 数字で刺激する
「どっちがいい?」「大事なことは三つ!」 簡潔に話せないと敬遠される。話の要旨をナンバーリングして

★おきて10 「はてな?」で自治力を育てる
「どう言えばいいかな?」 説教コーチは古いと思おう。問いかけを習慣に

フットボールチャンネル
ベースボールチャンネル
ジュニアサッカーを応援しよう!
カラダチャンネル
note
カンゼンWEBショップ
サッカー本大賞2022