新時代の野球データ論 フライボール革命のメカニズム

数値の可視化で解き明かされる野球理論の「真実」と「技術革新」

ご注文

1,760円(税込)

著者 Baseball Geeks編集部
神事努
ジャンル スポーツ
スポーツ  > 野球
出版年月日 2019/07/16
ISBN 9784862555151
判型・ページ数 4-6・224ページ
定価 1,760円(税込)

『今すぐ購入する』をクリックで購入者様情報などの入力画面へ進みます。
送料は一律300円。3000円以上の購入で送料無料。
国内のみ、ヤマト運輸のネコポス(※ネコポスでの発送不可の場合は発払い)での発送となります。
商品はご注文又はご入金確認後、3営業日以内を目安に発送となります。

内容紹介
目次
トラックマン、スタットキャストなど
トラッキングシステム導入は、野球の何を変えるのか?

テクノロジーの進歩によって変化する常識
数値の可視化で解き明かされる野球理論の「真実」と「技術革新」

根拠のある勝負をしたいから、データ活用は重要。
裏付けされた数字によって、その再現性も高まっていく。――菊池雄星投手

【スペシャルインタビュー】吉田正尚選手(オリックス・バファローズ)
「一流打者が語る最新打撃理論とデータとの向き合い方」


--------------

「ボールを叩きつけてゴロを打ちなさい」と言われた経験はないでしょうか?

しかし、現在は――。

かつて当たり前だと思われてきた、僕らが正しいと信じてきた野球の常識はデータによって覆されつつあります。

本書には、そんな野球の「真実」が詰まっています。
PROLOGUE 野球データ分析における新時代の幕開け

第1章
新時代の野球データ論 打撃編

SPECIAL INTERVIEW 吉田正尚

最新打撃理論・フライボール革命を考察する
日本球界に浸透する可能性
上から叩くな! 新しいスイング理論
強打者の能力を示す“打球速度"

打者・大谷翔平を分析する
メジャーリーグにアジャストできた理由
メジャートップレベルに匹敵する能力とは?
今後の可能性と課題

根尾昂&藤原恭大のスイングデータを公開!

定説・打撃論を検証
ボールを“押し込む"とは何か
“ヘッドを立てる"ってどういうこと?
“バットを短く持つ"は正義か
“ボールを最後まで見る"は不可能!?
スピンをかけた打球は本当に“伸びる"のか

第2章
新時代の野球データ論 投球編

SPECIAL INTERVIEW 菊池雄星
「メジャーでの活躍を支える日本最高左腕のデータ活用術」

メジャーリーグで注目、球質評価の新指標 ボール変化量とは?
サイ・ヤング賞投手と比較して見えた大谷翔平の凄さ【速球編】
「ノビのあるボール」の正体とは?
ボール変化量で紐解く 吉田輝星の球質
球質データで紐解く 投手・大谷翔平の2018年
サイ・ヤング賞投手と比較して見えた大谷翔平の凄さ【変化球編】
トラックマンデータで徹底解剖! 速球の球質で見る新外国人選手
ボール変化量と球質データで紐解く 柿木蓮、根尾昂、横川凱の球質

定説・投球論を検証
真っ向勝負は時代遅れ?
“球持ちの良さ"は本当に重要なのか?
「低めに投げろ」は正解なのか?
インコースは本当に危険なのか?

第3章
新時代の野球データ論 育成編

プロ野球での活躍に誕生月の影響あり!?
子どもの運動能力は遺伝? それとも環境?
球速に影響を与える遺伝要因とは?
ピッチングは何歳で教えたら良いの? 子どもが上達するメカニズムとは

EPILOGUE テクノロジーと野球の未来
フットボールチャンネル
ベースボールチャンネル
ジュニアサッカーを応援しよう!
カラダチャンネル
note
カンゼンWEBショップ
サッカー本大賞2022