アジアフットボール批評special issue07

今号は本田圭佑のアジアでの新たな挑戦を総力取材!

ご注文

1,430円(税込)

著者 フットボール批評編集部
ジャンル スポーツ
スポーツ  > サッカー
シリーズ フットボール批評  > アジアフットボール批評
出版年月日 2018/10/15
ISBN 9784862554901
判型・ページ数 B5・128ページ
定価 1,430円(税込)

『今すぐ購入する』をクリックで購入者様情報などの入力画面へ進みます。
送料は一律300円。3000円以上の購入で送料無料。
国内のみ、ヤマト運輸のネコポス(※ネコポスでの発送不可の場合は発払い)での発送となります。
商品はご注文又はご入金確認後、3営業日以内を目安に発送となります。

内容紹介
急成長するアジアフットボールの“いま"が分かる骨太の専門媒体『アジアフットボール批評』
今号は本田圭佑のアジアでの新たな挑戦を総力取材。

激変するアジアのサッカー勢力図を追うとともに、
次なるアジアのフロンティアにもフォーカスしていきます。


【緊急特集】本田圭佑のアジア革命 序章
◎チーム本田体制のカンボジア初陣、現地レポート
◎本田圭佑の戦略を読み解く なぜカンボジア、オーストラリアでの挑戦を選んだのか?
◎本田圭佑がプレーする豪州サッカー解剖 激動のAリーグはスター流入で変われるか?
◎アンコールタイガーFCオーナー・加藤明拓が語るカンボジアの可能性


【特集1】W杯後のアジアサッカーの未来
◎中国サッカー爆買いの行く末 ロシアW杯後のあとさき
◎タイ アジア戦略の現在地と岐路に立つタイリーグ
◎ベトナムに吹く新しい風 東南アジアの新興勢力にいま何が起きているのか
◎Special Interview カタール初のJリーガー ヤセル(ヴィッセル神戸)


【特集2】次なるアジアのフロンティアはどこだ?
◎小林雄剛が南アジアで切り開く道 インドとバングラディシュでプレーした初の日本人
◎泥沼化した内戦にも屈しない西アジアの強国・シリアの可能性
◎南アジアサッカー選手権「SAFF スズキカップ2018」レポート
◎光と闇を抱えるフィリピンサッカー界 トロイ財団は救世主となれるか
◎島人・上里琢文の挑戦
◎日本人初のイラク・プレミアリーグプレイヤー、字羽井アハマドが見る夢
◎モンゴルでプロになった43歳、山本真也の挑戦
◎インドIリーグ王者の10番、久保木優の目指す先

◎今すぐJリーグに呼ぶべきアジアの新星は誰か?
◎もうひとつのワールドカップ 岐路に立つCONIFAが直面する数々の問題点
◎Special Interview イ・ミナ(INAC神戸レオネッサ) 日本でプレーする意義、そしてアイドル視への本音


【人気連載】
◎ジェームズ・モンタギューのアジアの富豪オーナー研究
◎中東サッカーのディープな話
◎後藤健生のフットボールの温故知新 マレーシア黄金期の華麗なる記憶
◎アジアのラーメン巡礼 番外編ロシアのローカル麺を食レポ
フットボールチャンネル
ベースボールチャンネル
ジュニアサッカーを応援しよう!
カラダチャンネル
note
カンゼンWEBショップ
サッカー本大賞2022