にっぽんツバメ便り

ーーツバメが来た日

日本に春を告げるいちばん身近な渡り鳥「ツバメ」 身近だけど、意外と知らないツバメのかわいい姿と生態を紹介!

ご注文

1,650円(税込)

著者 宮本 桂 写真
ポンプラボ
ジャンル 芸術  > 写真集
理工  > 野鳥シリーズ
シリーズ にっぽんの野鳥シリーズ
出版年月日 2018/09/19
ISBN 9784862554864
判型・ページ数 A5・112ページ
定価 1,650円(税込)

『今すぐ購入する』をクリックで購入者様情報などの入力画面へ進みます。
送料は一律300円。3000円以上の購入で送料無料。
国内のみ、ヤマト運輸のネコポス(※ネコポスでの発送不可の場合は発払い)での発送となります。
商品はご注文又はご入金確認後、3営業日以内を目安に発送となります。

内容紹介
目次
日本に春を告げるいちばん身近な渡り鳥「ツバメ」
身近だけど、意外と知らないツバメのかわいい姿と生態を紹介!

日本で過ごすツバメたちに13 年前から毎年カメラを向け続けてきた宮本桂さんの美しく活力に満ちた写真を通し、その未知なる横顔に迫ります。
またそれら珠玉の写真群に加え、ツバメ基礎知識や雑学、ツバメ研究やツバメとの共存のための活動に取り組む方々のお話なども紹介。

ツバメの敵かたきとして冷たい視線を浴びがちなカラスの研究者としてもおなじみの松原始さんによる解説まで、さまざまな角度からいまどきのツバメ事情をひもといていきます。
手にとっていただいたあなたがツバメを含む身近な自然とさらなる関係を結ぶ一助となることを祈りつつ──。
これまでになかったツバメ解説書、ぜひ一読ください!
◎巻頭スペシャル ツバメが来た日

◎PART1 ツバメスタイル
ツバメの外見を写真でじっくりチェック
前から/横から/後ろから/上から/下から/体色(模様)/飛行

◎PART2 ツバメ基礎知識
いちばん身近な渡り鳥 ツバメってどんな鳥?/最もポピュラーな種類「ツバメ」はこんな鳥/日本にいる4種類のツバメの仲間たち/ツバメの体の特徴 スズメと比べると…/繁殖のためやってきた日本での過ごし方/巣立ち後の幼鳥たち 秋の渡りで越冬地へ/南の国での過ごし方 世界のツバメたち/日本で古来、ツバメが愛されてきた理由/知れば見えてくるツバメとのつき合い方

◎PART3 ツバメライフ
ツバメの一年を追う
飛来/採餌/水浴び/羽づくろい/ナワバリ争い/威嚇/ラブコール/巣材収集/営巣/ヒナの成長/給餌(巣内)/巣立ち/給餌(巣外)/幼鳥の日常/就寝/換羽/渡去

◎Special Interview
写真担当 宮本桂さん聞くツバメとの出会い、魅力あふれる写真の秘密

◎PART4 ツバメ周辺情報
もっと知りたい! ツバメのこと

◎Key Person Interview
国内外で精力的に活動する若手ツバメ研究者 長谷川克(総合研究大学院大学 特別研究員)
ツバメと人が共存できる街作りに尽力 神山和夫(NPO 法人バードリサーチ 研究員)

◎TOPICS MAGAZINE『 BIRDER』編集長に聞く

◎解説 ツバメの飛ぶ空 松原始
フットボールチャンネル
ベースボールチャンネル
ジュニアサッカーを応援しよう!
カラダチャンネル
note
カンゼンWEBショップ
サッカー本大賞2022