昼のセント酒巡礼ガイド

ご注文

1,430円(税込)

著者 『昼のセント酒』取材班 編著
ジャンル 文芸  > サブカルチャー
出版年月日 2016/06/23
書店発売日 2016/06/20
ISBN 9784862553614
判型・ページ数 A5・128ページ
定価 1,430円(税込)

『今すぐ購入する』をクリックで購入者様情報などの入力画面へ進みます。
送料は一律300円。3000円以上の購入で送料無料。
国内のみ、ヤマト運輸のネコポス(※ネコポスでの発送不可の場合は発払い)での発送となります。
商品はご注文又はご入金確認後、3営業日以内を目安に発送となります。

内容紹介

テレビドラマも絶賛放送中の「昼のセント酒」のガイドブックがついに登場! 

昼間から銭湯に入って酒を飲む! 
本書を読めば昼のセント酒の世界を実際に味わえる! 

原作&テレビドラマに登場した銭湯・酒処を中心に写真、解説を交えながら紹介していきます。


目次
なぜいま銭湯なのか?

ドラマ『昼のセント酒』に登場した銭湯&酒場 プレイバック

◯『昼のセント酒』登場の銭湯と酒場
北千住「大黒湯」「酒処 ほり川」
三鷹「千代乃湯」「焼鳥 万平」
銀座「金春湯」「そば処 よし田」
立会川「日の出湯(閉業)」「やきとり 鳥勝」
吉祥寺「弁天湯」「キリンシティ吉祥寺店」
寛政町「安善湯」「まちだ家」
浅草「蛇骨湯」「神谷バー」
神保町「梅の湯」「居酒屋 兵六」
浜田山「浜の湯(閉業)」「大衆酒場 かのう」

◯『ちゃっかり温泉』『ふらっと朝湯酒』登場の銭湯と酒場
蒲田「蒲田温泉」「くり平」
高井戸「美しの湯」「梅丘寿司の美登利 高井戸店」
糀谷「幸の湯」「大衆食堂 多富美」
京王よみうりランド「丘の湯」
調布「アラパンス」

久住昌之の楽酔エッセイ 日本はいくつ銭湯を残せるか?

フットボールチャンネル
ベースボールチャンネル
ジュニアサッカーを応援しよう!
カラダチャンネル
note
カンゼンWEBショップ
サッカー本大賞2022