皆殺し映画通信 天下御免

試し読み

柳下毅一郎映画レビュー本第2弾!! 日本映画50本、タブーなき殺しのレビュー!!

ご注文

1,650円(税込)

著者 柳下 毅一郎
ジャンル 文芸  > サブカルチャー
シリーズ カルチャー本  > 皆殺し映画通信
出版年月日 2015/02/12
書店発売日 2015/02/07
ISBN 9784862552921
判型・ページ数 4-6・312ページ
定価 1,650円(税込)

『今すぐ購入する』をクリックで購入者様情報などの入力画面へ進みます。
送料は一律300円。3000円以上の購入で送料無料。
国内のみ、ヤマト運輸のネコポス(※ネコポスでの発送不可の場合は発払い)での発送となります。
商品はご注文又はご入金確認後、3営業日以内を目安に発送となります。

内容紹介
目次

馬鹿野郎っ、こんな映画があるのかよ!?
日本列島、スクリーンぶったぎり大爆走!!! 

ヤバくて愉快なトンデモ映画が増殖中!! 
殺し屋稼業に安息はなし!? 

日本映画の質の凋落は止まらない。
安易なマンガ原作企画やテレビ局の介入で、
日本映画は瀕死状態。
「ダメ映画をついつい見てしまう病」にかかっている
激辛映画評論家・柳下毅一郎が、日本映画をとことんメッタ斬り!! 


日本映画50本、タブーなき殺しのレビュー!! 

なぜこんな映画は作られてしまうのか?
商業映画なのだから誰かに見せようと思っているに違いない。
だがいったいどんな客に見せようと思って、こんな映画を作ってしまうのだろう?
そんな疑問を抱かざるを得ない映画が次から次へとあらわれる。(中略)
誰も見ていない、誰も知らない映画には
途方もない映画表現が眠っているかもしれない、と思ってしまうものである。
ひょっとしたらとてつもないアウトサイダーアートのようなものに
―エド・ウッドの映画のようなものに―出会えるかも知れない。
そう思うとどうしてもそういう映画を見たくなってしまうのだ。(本書序章より)

【収録作品】

『渇き。』
中島哲也は刺激の専門家である。単調な刺激の連続というのはひどく退屈なものなのである

『STAND BY ME ドラえもん』
ドラえもんは未来の圧倒的科学力により古代人を蹂躙する神か?

『劇場版テレクラキャノンボール2013』
そこには人生がある。天才AV監督カンパニー松尾、初の劇場作品

『ホットロード』
すべてが内面の中で一体化してゆく……そんなポエムがこの映画のすべて

『黒執事』
また高笑いする悪役……その謎が解かれることは決してなさそうである

『好きっていいなよ』
アニメのダイジェスト総集編を見ているかのようなスピード感

『魔女の宅急便』
飛行の快楽抜きのこの映画はスタジオジブリとはなんの関係もありません

『薔薇色のブー子』
これを日本映画の退廃と言わずしてなんと言えばいいのか

『ワンネス〜運命引き寄せの黄金律』
きみはもりけんを知っているか? 年末特番スピリチュアル映画祭り!

……等々、殺しのレビュー50本掲載!!


【特別企画】
皆殺し映画放談 2014日本映画をメッタ斬り!
柳下毅一郎(映画評論家)×古澤健 (映画監督)

物議を醸す「皆殺し映画大賞2014」を大発表!!!
フットボールチャンネル
ベースボールチャンネル
ジュニアサッカーを応援しよう!
カラダチャンネル
note
カンゼンWEBショップ
サッカー本大賞2022