遠浅の部屋

試し読み

最少の線で世界を切り拓く気鋭の漫画家・大橋裕之、渾身の自伝マンガ!

ご注文

1,320円(税込)

著者 大橋 裕之
ジャンル 文芸  > コミック
出版年月日 2013/06/15
書店発売日 2013/06/06
ISBN 9784862551757
判型・ページ数 A5
定価 1,320円(税込)

『今すぐ購入する』をクリックで購入者様情報などの入力画面へ進みます。
送料は一律300円。3000円以上の購入で送料無料。
国内のみ、ヤマト運輸のネコポス(※ネコポスでの発送不可の場合は発払い)での発送となります。
商品はご注文又はご入金確認後、3営業日以内を目安に発送となります。

内容紹介

【2刷重版出来】

傑作『音楽』が生まれる前
自伝的作品にして
青春迷走劇の最高峰

最小の線で世界を変える気鋭の漫画家、大橋裕之の原点


「俺、このまま何にもなれずに終わるのかな…」


「1998年4月、高校を卒業した僕はプロボクサーになると言って実家を飛び出し、この街にやってきた。
本当は…漫画家になりたいのに…。俺は一体、何をやってるんだろう…」

漫画家になりたいという夢を抱いて迷走した、19歳の夏。
まわりのみんなが自分より偉く見えた、あの日。
ねじれた生活のなかで悶々としながら出した答えとは…。

迷いながら日々を生きる、すべての人に捧ぐ――。


町山智浩氏、ピース・又吉直樹氏、推薦!

「安アパートの孤独のドン底で
自分が本当にやりたいことがわかった十代最後の夏、
地面を這うアリと目が合った。
『キッズ・リターン』を思い出した」
町山智浩

大橋裕之の描く漫画は最高に面白い。どうしようもない混沌とした日々に絶望する者と、
それでも創り続ける者との差は忍耐力などではなく、何かに選ばれているか否かだと思う。
妥協なき創作の獣道を進み続けて欲しい。
又吉直樹(ピース)

フットボールチャンネル
ベースボールチャンネル
ジュニアサッカーを応援しよう!
カラダチャンネル
note
カンゼンWEBショップ
サッカー本大賞2022