図解 呪術大全

新刊
ご注文

1,870円(税込)

著者 株式会社ライブ 編著
ジャンル 文芸
文芸  > サブカルチャー
出版年月日 2021/12/20
ISBN 9784862556240
判型・ページ数 A5・192ページ
定価 1,870円(税込)

『今すぐ購入する』をクリックで購入者様情報などの入力画面へ進みます。
送料は一律300円。3000円以上の購入で送料無料。
国内のみ、ヤマト運輸のネコポス(※ネコポスでの発送不可の場合は発払い)での発送となります。
商品はご注文又はご入金確認後、3営業日以内を目安に発送となります。

内容紹介

■日本人ははるか昔から呪術と向き合ってきていた

◆改めて注目されている“呪い”
“呪い”にはネガティブな印象が強く、「呪いは人間の負の感情から生まれる」と定義されることもあります。
確かに、藁人形に釘を打つ丑の刻参をはじめ、呪いという単語にネガティブな印象を持つ人は多いでしょう。

しかし、“呪い”には「のろい」のほかに「まじない」という読み方もあります。まじないとは神仏などの
神秘的な力を行使して、奇跡を起こしたり災いを取り除いたりするというもの。刃物が便利な道具である反面、
凶器として使われてしまっている現実があるように“呪い”もまた、扱い方によってはありがたいものにも
恐ろしい物にもなる、ということでしょう。

本書では、こうした呪いや呪術について、わかりやすく解説しています。
怖いイメージある言葉ですが、新たな発見や知識を深める一助になれば幸いです。

◆歴史の陰に呪術アリ
日本における呪術は、神話の時代から使われていたことがわかります。
日本列島が誕生したのも、呪術の力なのです。そして呪術は、長い歴史の陰で使われ、
近代化された現在においても生まれ続けています。


■日本における呪術とは?

◆大きく5つに分けられる呪術
呪いや呪術を語るうえで、宗教は切っても切り離せません。日本において呪術的な意味合いを持つ儀式や行動は、
なんらかの信仰から生まれたものが多いからです。

漫画『呪術廻戦』でも、主要登場人物のひとり伏黒恵が行使する能力は、陰陽道の式神がモデルと思われますし、
五条悟が使う必殺技“ 無量空処”とその際に形作る右手の形は、密教との関係性がうかがえます。
宗教を知ることは、呪いや呪術を知ることにつながるだけでなく、漫画やアニメをより深く楽しむことにもつながるのです。

サッカー本大賞
フットボールチャンネル
ベースボールチャンネル
ジュニアサッカーを応援しよう!
カラダチャンネル
note
カンゼンWEBショップ