ホーム > お知らせ > 大橋裕之×武田砂鉄 トーク&サイン会開催! at青山ブックセンター

大橋裕之×武田砂鉄 トーク&サイン会開催! at青山ブックセンター

大橋裕之さん、初期作品集『ゾッキA』『ゾッキB』刊行記念

「大橋マンガのちいさな日常、おおきなやさしさ」

大橋裕之 × 武田砂鉄

トークイベント+サイン会

 

 

漫画家・大橋裕之の自費出版時代の幻となっていた作品を上下巻『ゾッキA』『ゾッキB』にまとめて刊行。その発売を記念してトークイベントを開催します。対談者には『ゾッキA』に帯コメントを寄せている、ライターの武田砂鉄氏を迎え、「大橋マンガに見る日常性」とそこに付随する「人間のやさしさ」について語っていきます。

 

日程:2017年5月19日 (金)

時間:19:15~20:45

開場:18:45

料金:1,080円(税込)

定員:50名様

会場:本店内 小教室

ご予約はこちら 

 

※青山ブックセンター本店で対象書籍をご購入頂いた方に、サイン会に参加頂けます。

対象書籍は、『ゾッキA』『ゾッキB』(※『ゾッキB』は2017年5月19日発売予定)、『遠浅の部屋』『ザ・サッカー』。武田砂鉄さんの『紋切型社会』(朝日出版社)、『芸能人寛容論 テレビの中のわだかまり』(青弓社)、共著『せいのめざめ』(河出書房新社)など。

また、ギャラリースペースにて『ゾッキA』『ゾッキB』の原画展も開催します。

展示期間:5月17日(水)~6月6日(火)
時間:10:00~22:00(最終日は19:00まで)

 

【著者プロフィール】

大橋裕之(おおはし・ひろゆき)

漫画家。昭和55年生まれ。愛知県蒲郡市出身。2005年から『謎漫画作品集』、『音楽』、『週刊オオハシ』全10巻(2006年~)などの自費出版漫画で本格的な活動を開始。現在、『TV Bros.』(東京ニュース通信社)、『EYESCREAM』(音楽と人)、『CDジャーナル』(音楽出版社)、『フットボール批評』(カンゼン)、WEBマガジン『トーチweb』などで連載中。単行本『シティライツ』全3巻(講談社)、『音楽と漫画』(太田出版)、『夏の手』(幻冬舎)、『遠浅の部屋』『ザ・サッカー』(カンゼン)、『太郎は水になりたかった』1~2巻(リイド社)発売中。

 

 

武田砂鉄(たけだ・さてつ)

1982年(昭和57年)、東京都出身。大学卒業後、出版社で主に時事問題・ノンフィクション本の編集に携わり、2014年秋よりフリー。著書に『紋切型社会──言葉で固まる現代を解きほぐす』(朝日出版社/2015年、第25回Bunkamuraドゥマゴ文学賞受賞)がある。2016年、第9回(池田晶子記念)わたくし、つまりNobody賞を受賞。「文學界」(文藝春秋)、「Quick Japan」(太田出版)、「SPA!」(扶桑社)、「VERY」(光文社)、「暮しの手帖」(暮しの手帖社)などで連載を持ち、インタヴュー・書籍構成なども手がける。webサイト「cakes」で「ワダアキ考」連載中。

このページのトップへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check