ホーム > ドイツ式GK技術革新

ドイツ式GK技術革新  新刊

GK大国に学ぶ「技術」と「戦術」

ドイツ式GK技術革新

ドイツのトップクラブで学んだGKコーチが説く「GK技術」の決定版!

著者 川原 元樹
清水 英斗
ジャンル スポーツ > サッカー
出版年月日 2018/07/19
ISBN 9784862554789
判型・ページ数 4-6・176ページ
定価 本体1,700円+税
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

ドイツのトップクラブで学んだGKコーチが説く「GK技術」の決定版!

・体得すべき3つの原理原則【ゴールディフェンス】【スペースディフェンス】【オフェンスアクション】

世界トップクラスのGKを育成し続ける“GK大国”ドイツには、マヌエル・ノイアー(バイエルン・ミュンヘン)やテア・シュテーゲン(バルセロナ)といった名だたるGKが君臨し、自国リーグのGKも総じてレベルが高いことで有名。
ドイツで「当たり前」とされているGK技術を、日本のGKは「当たり前」に身につけられているのだろうか?
本書籍では、ドイツ留学を経験し技術と理論を学んだ川原元樹氏(FC岐阜GKコーチ)が、ドイツ式のGKメソッドを言語化。

GKというポジションの緻密な技術と戦術を、図解・イラスト(大武ユキ氏:フットボールネーション)でわかりやすく解説!『フットボール批評』の人気連載が待望の書籍化!


【目次】
序章  なぜ、ドイツはGK大国なのか?
第1章 ポジショニング・姿勢
第2章 GKアクション(キャッチング・セービング)
第3章 スペースディフェンス・クロス対応
第4章 ディストリビューション(配球)
第5章 セットプレー・PK
第6章 GKメンタル・コーチング


(本書『序章』より/中略)
斜め前に腕と身体を延ばし、斜め前にアプローチして力強く捕る。これがボールにアタックする、ということです。『アタック』はより力強く、積極的にアクションを起こすドイツのGK像を表しています。ポジショニング、姿勢、キャッチングから、クロス対応やディストリビューションまで。現代GKの進化を踏まえた理論を、この本で整理していきましょう。

このページのトップへ