ホーム > 皆殺し映画通信 骨までしゃぶれ

皆殺し映画通信 骨までしゃぶれ

皆殺し映画通信 骨までしゃぶれ

こんな映画、なぜ作った!? 大人気シリーズ第5弾は骨までしゃぶる!!

著者 柳下 毅一郎
ジャンル サブカルチャー
シリーズ 皆殺し映画通信
出版年月日 2018/03/22
ISBN 9784862554567
判型・ページ数 4-6・280ページ
定価 本体1,700円+税
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

【おもな収録作品】
『RANMARU 神の舌を持つ男(略)』
ここまで思いつきの失敗作に金をぶっこむとか松竹も堤幸彦にどんな弱みを握られているのか

『本能寺ホテル』
万城目学はこの映画にクレジットされなかったことを名誉に思うべきである。いや、だってねえ……

『傷だらけの悪魔』
ここまで誰一人共感できない映画も珍しい。「女子高生たちの壮絶な戦い」を逆光を多用した
「ポップで斬新な映像美」で見せようとするだけ。

『一週間フレンズ。』
非日常的な障害によってすれ違いが生まれて恋と冒険の学園生活がはじまる…
そういう映画を「青空地獄」と称している

『土佐の一本釣り 久礼発 17歳の旅立ち』
第三回「ご当地映画祭」エントリー作品…まさに地方映画の闇案件

『東京ボーイズコレクション ~エピソード1~』
モナコ国際映画祭最優秀グランプリ受賞作! しかし、いったいどんな映画祭なのかと困惑するばかり…

『暗黒女子』
清水富美加がレプロから離脱するまでの苦難の過程案件。
そりゃこんな映画ばかり出させられたら芸能界やめたくもなるわな……

『銀魂』
テレビじゃそれで話題になって三秒で忘れてよかったねで済むのかもしれないけど、
ここは映画なんだっつーの

『君の膵臓を食べたい』
陰キャラでコミュ障なのが強さの表現として称揚されるとか……オタクのお姫様願望も極まれり

『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』
男に都合いいだけのファンタジー。ミソジニーのきわみ。
この映画の最大の被害者は、こんな役をやらされている水原希子

『アヤメくんののんびり肉食日誌』
anan読者も大好きな「ロールキャベツ恋愛」。もうそれ聞いただけで…。
あと足立梨花はもうちょっと汚れ仕事を減らそう…

『HiGH&LOW THE MOVIE3 THE FINAL MISSION』
EXILE TRIBEの権力と金力を見せつけ、世にもくだらないかたちで浪費!
これがヤンキーの美学という奴だね!

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』
東野圭吾のほんわかファンタジー系小説と西田敏行の自己満足系演技とが組み合わさった
世にも恐ろしい映画の登場である

……等々、殺しのレビュー42本炸裂!!

---------------------------------------------------

【特別企画 『皆殺し映画通信』LIVE収録】
1皆殺し映画2017の決算報告
ハイロー、地方映画、猫映画、クールジャパン……問題
2皆殺し映画放談 2017年の最も酷かった映画とベスト映画
柳下毅一郎(映画評論家)×江戸木純(映画評論家)×岩田和明(『映画秘宝』編集長)

---------------------------------------------------

このページのトップへ

内容説明

こんな映画、なぜ作った!?

大人気シリーズ第5弾は骨までしゃぶる!!
映画評論家・柳下毅一郎によるタブーなき日本映画、殺しのレビュー42連発! 

-------------------------------------------------------

町山智浩氏(映画評論家)推薦! 
「イチジクレシピ映画、銚子電鉄駅伝映画、青空地獄JK映画、コスメ産業スパイ映画、
風俗店案内所映画、吉田類が芝居する映画……どれも、柳下の紹介読むと面白そうじゃん! 
読むだけならな! 」

-------------------------------------------------------

このページのトップへ