ホーム > アジアフットボール批評special issue06

アジアフットボール批評special issue06  新刊

アジアフットボール批評special issue06

注目のアジアのサッカー新興国を総力取材!

ジャンル スポーツ
スポーツ > サッカー
シリーズ アジアフットボール批評
出版年月日 2018/03/22
ISBN 9784862554574
判型・ページ数 B5・128ページ
定価 本体1,300円+税
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

【巻頭特集】
Jリーグで活躍!チャナティップに続くタイ発アジアの英雄たちの可能性
ティーラシン・テーンダー(広島)/ティーラトン・ブンマタイ(神戸)

【総力特集①】日本を超えるサッカー熱!アジアサッカーの次なる盟主を占う
進む東南アジアのプレミアリーグ化/急成長するインドネシアサッカーの興隆/不動産王手ビングループが巨額投資で進める改革、ベトナムサッカーの急伸/育成に力を入れるアジア最後のフロンティア、ミャンマーサッカーの可能性

Special Interview 三浦俊也(ホーチミン・シティ監督)

【総力特集②】揺れるアジアのサッカー強国に吹く新風
リーグ拡張か2部制導入かで揺れる豪州サッカー/変わりつつある韓国サッカーの地図

【総力特集③】血とサッカー、国境を超えて
北朝鮮代表・李栄直(東京V)の誇り 在日というアイデンティティと祖国/帰化政策でアセアン上位に躍り出るアズカルス

[鷹鳥屋明のレポート]中東で一番有名な日本人が案内する中東サッカー

[人気連載]アジアのラーメン巡礼 グアムのローカル麺を食レポ

[後藤健生のAFC U-23選手権 2018レポート]
ベトナム代表の大躍進と森保ジャパンの船出

サッカー戦術解析ソフトBuildup6で徹底解剖 日本代表は東アジアのライバル相手にどう戦ったのか?

河村崇大が語るタイサッカーの真髄

Jリーグはアジア選手のハブになるか? 木場昌雄が仕掛ける東南アジア発Jリーガー誕生への道

タイリーグで奮闘する日本人GMの挑戦

ディエゴ・フォルラン 三度アジアの地に舞い降りた理由

ユーラシアの冒険者 佐藤穣(光州FC、元ザスパクサツ群馬)

サッカーで鳥取からアジアへ、そして世界へ

ほか

このページのトップへ

内容説明

アジアフットボールの“いま"が分かる骨太の専門媒体『アジアフットボール批評』
今号は注目のアジアのサッカー新興国を総力取材!

変わりゆくアジアのサッカー勢力図を追うとともに、
アジアとサッカーの現在を濃厚に深堀りします。

このページのトップへ