ホーム > 道を教え、「自立」へ導く 花咲徳栄の人間育成術

道を教え、「自立」へ導く 花咲徳栄の人間育成術

道を教え、「自立」へ導く 花咲徳栄の人間育成術

“多角的"に想像できる選手なくして、強いチームは生まれない! 2017年夏の甲子園優勝監督が明かす、未来を見据えた人づくり

著者 岩井 隆
ジャンル スポーツ
スポーツ > 野球
出版年月日 2018/02/19
ISBN 9784862554499
判型・ページ数 4-6・224ページ
定価 本体1,600円+税
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

第1章 チームをつくる道
第2章 専門性を磨く道
第3章 人材を育成する道
第4章 勝負にこだわる道
第5章 心を育てる道

このページのトップへ

内容説明

“多角的"に想像できる選手なくして、強いチームは生まれない! 

2017年夏の甲子園優勝監督が明かす、未来を見据えた人づくり


野球部は「社会」の縮図。
一人ひとりが役割を果たし、生きる道筋をつくる

「自立した人間は、今後の人生で壁にぶつかってもきっと乗り越えられる」
「将来、組織やチームの中心となる人材になってほしい」

2017年、なぜ花咲徳栄は夏の甲子園を制することができたのか。
勝因の一つに岩井監督が常々話してきた、選手の「自立」がある。
学校の部活動の一貫、教育の一貫として、野球部が存在する。
有名私立校、有名強豪校とは一線を画したアプローチで選手を育てながら、
それでも近年プロ野球選手も多数輩出するのはなぜか。

自分たちで想像し自分たちで決断して行動する。
岩井流 選手の育て方を1冊に収録。


【著者からのメッセージ】
。私たち指導者が基準にしているのは、人としての考え方を身につけさせることだ。
そして、それを生み出しているのは日本人特有の"道(どう)の精神"だと思う。
日本における、道の精神。華道、茶道、書道、弓道、柔道、剣道、空手道、相撲道、武士道……。そして、野球道。
"道"とは何かと言うと、形を教えることだと思う。
形がないものはすぐに崩れてしまうから、長続きしない。
現在の花咲徳栄野球部も、道徳を重んじながらこれまでつくってきた一定の形、倫理観などを崩したら、
あっという間にバラバラになってしまうだろう。
生き方は人それぞれなので、教えることはできない。それぞれの立場や置かれた環境によって変わっていくと思う。
ただ、考え方を教えることはできる。その基本さえしっかりしていれば、
どんな立場、どんな環境になったとしても、人として対応できるのではないかと思う。

このページのトップへ