ホーム > 1日3分で筋肉は作れる!! 坂詰式正しい「筋トレ」の教科書

1日3分で筋肉は作れる!! 坂詰式正しい「筋トレ」の教科書

1日3分で筋肉は作れる!! 坂詰式正しい「筋トレ」の教科書

間違ったフォームでは筋肉は1ミリもつかない!

著者 坂詰 真二
ジャンル スポーツ > トレーニング
出版年月日 2016/10/12
ISBN 9784862553706
判型・ページ数 A5・144ページ
定価 本体1,600円+税
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

第1章
筋トレはフォームがすべて!
坂詰式 正しい「スクワット」「腕立て伏せ」「腹筋」

第2章
「部位別」自重筋トレ6種

ショルダー・プレス、リバース・プッシュ・アップ、シングル・レッグ・ヒップ・リフト
シングル・ヒール・レイズ、ロアー・バック、スパイン・トランク・ツイスト

第3章
ダンベル&ラバーバンド!
器具を使って筋肉をピンポイントで徹底強化

第4章
筋トレ“前後"のストレッチで、さらに効果を高めよう!

ウォームアップ・ストレッチ4種、クールダウン・ストレッチ12種

第5章
トレーニング知識&メソッド

『筋トレ』効果アップのための生活習慣、筋力トレーニング「Q&A」

このページのトップへ

内容説明

筋トレの効果にこだわるなら鍛えたい筋肉に「ピンポイントで刺激を与えるフォーム」の習得を目指してください! 

日本にスポーツクラブが誕生してから30年余り。当初、一部の若い男性のものと思われていた筋トレですが、今では幅広く女性や中高年も行うようになりました。

これは喜ばしいことなのですが、なかには貴重な時間とお金を費やしても、あまり、あるいは全く体型に変化がないと嘆く方々も少なくありません。
自己流ではなく、教科書となる書籍通りに行ったり、パーソナルトレーナーに指導を受けていても、です。

筋トレの効果が思うように得られない人がどこに問題があるかと言えば、種目数や負荷の種類や大きさ、あるいは回数などではありません。

ズバリ、実施時の「フォーム」です。効果が出ない人は、効果が得られないフォームで筋トレを行っているのです。

いくら強い負荷をかけてたくさんの種目数をこなしても、いくら高いプロテインを摂っても、おざなりなフォームで筋肉を的確に刺激していなければ台無しです。
筋肉は太くも強くもなりません。「鍛えたい筋肉にピンポイントで刺激を与えるフォーム」を習得する。

これが筋トレのコツであり、いわば極意です。通常の書籍や雑誌ではページ数の関係もあり、最も重要であるはずのフォームの詳細を伝えきれないのが実情ですが、本書ではスペースと写真をふんだんに使って、それを懇切丁寧に説明しています。

筋トレを何年もやったにも関わらず効果が出なかった方も、関節や筋肉を傷めて中断してしまった方も、本書に記載するポイントを一つひとつ確認しながら、まずは正しいフォームを把握してください。
正しいフォームで実施すれば、筋トレをやっている最中から今までにない刺激を筋肉に感じるはずですし、ほんの数週間で体の変化を自覚できるはずです。

皆様が本書を教科書にして筋トレを実施し、“最小努力"で“最大効果"を獲得されることを切に願って。

このページのトップへ